日記

欲望は都市の素敵な女房!?我が家の小学六年生

小さい頃、自身は「戯画マンションになりたい」と思っていました。
普通叶わなかったのですが、今もホビーにおいて楽しんでいます。
長女はスウィーツ屋になりたいと言い、これからの通り道について感じる年頃になりました。
さて、近頃小学六年生の妹。
彼女には一貫して適えたい空想がありました。
これは小さい頃から変わりません。
現在も手続きフォームですし、一生もその空想に対して考えています。
妹の空想、それは・・・
OLだ!
それはそれは高らかに「自身はOLになります!!」と著述を読み上げていましたよ。
以上俗称は「小学校OL」となりましたが、本人はまんざらでもないご格好。
OL向けのマガジンを見て、OL向けのアパレルを着、そっちらしき生活をして楽しんでいます。
小学校ですが身長も高く、自身に似ず手足が長い妹にはOL風のファッションしか似合わない状況に気づきました・・・。
客間もOL風なので、「あれ?この子近頃幾つですっけ?あれ?」なんて考え違いすら決める。
しかし、こいつには意義があります。
それは、私の高校生からの同僚だ。
開業していて素敵なお客間に住み、お洒落なアパレルにアレンジした髪、ヘルシーと美に気を付けていて、デイリー充実している。
乳児は友人の全てがキラキラしているように見えるのです。
「あんな風に追い求める!だから権をとって短大いって、都会で一人暮らし始める!!」
それはもう弾けんばかりのスマイルでした。
女子としては協力のし成果があります!
善悪叶えて下さい。が、食べ放題で毎度「小学校だ」と店員さんに教えると「・・・え?小学校?え??」などと不明朗がられるので、これらの対処を万全にしたいと思います(笑)