日記

母の話を聞いて、うーむという己でしたがそれはそうです

こたちゃんの、鼻をずずっとすする音色が、女の子には可愛くて仕方がないようです。
小さな子を向き合うように、こたちゃんに優しくしている。
しかし、ホットは元離れた家内のダイアログになったのですが、その前に女の子のダイアログになっているのですが、ハイスクールの学歴を詐称しようとして、何かと聞かれて、自分の女の子の事を「お母さま」といったのだそうです。
界隈がひくので、やめたらしいのですが、当時は、短大って、適切細目になった存在だったのですね。
だから、元の家内の戯言というのが、自分が戯言をついているだけに、見破るのも、非常に楽だったはよく聞くダイアログでした。
実際、元の家内は、今は女の子と仲の悪い某くんとも、よくトリップに行こうと誘っていたのだそうですが、傍らが沢山いるのに、なんで主人の女の子や、主人の女の子の身近とトリップにいざなう嫁入り前のお子さんがいるのかと、はっきり見抜いたと話していました。
今は分からなくても、何年か経てば、分かった折、誰からも拠り所されなくなるとは話していました。