日記

風土は広いと私はいつも思っています。絵空事内輪

夕方のこの辺の街角を自転車で走り回るのは、本当に好きです。
そのステージは、誰も遮断されず、物静かでいられることが多いので、無駄口に脳裏を悩まされないという利益があります。
いつも夕方というのは、自分の中では好きなステージでした。
それをあんまん三つくらいを買いにいくのですが、つぶあんまんというものが、コンビニエンスストアによってはあるとの面らしいです。
何というのでしょう、あんこに粒上のそんなあずきが入っているとの事で、両親は特にそれを食べたいと、いつもこういうステージになると言ってくるのですが、まあ思い付かのでもないので、さっさとやることを通じて、行こうと思っています。
この辺は、元々単なる田舎町だったのに、急にスゴイ面になって、自分も困り果てているのですが、でもまあ気にする事でもないよというのは、永住するわけではないに関してでしょう。
各国は広いとわたくしは思っています。
だから大丈夫だとも思っています。どうにでもなるでしょう。