日記

沈黙と咆哮による列車内でのやり取り

最近、埼京線に乗ったときのことです。新宿始発の大宮行の車両にのぼり、座っていると、一部横の席区画のユーザーから子大きな泣き声が聞こえてきました。混雑する車内とあって特性は確認できないものの、どうやらバギーに乗った子が泣き叫んであるみたいでした。子の勤務として、泣くことがあることは乳幼児を持つ親で私も十分に理解している結果はありますし、親がいかになだめようとも癇癪を起こした子が落ち着くことが難しいこともわかっていました。周囲のみなさんもまた同じように優しい瞳で見守ってくれているみたいでした。新宿から池袋に、池袋から板橋に、車両は結び付くのですが、その間、子が泣き止むことはありませんでした。過言でもなくほんの一瞬でも黙ることなく、車内には激しい道筋がずっと響いていました。私のところからはその乳幼児の親がいかなるフィットをしているのか見えない結果なんともいえませんが、傍らもさすがに惑いの表情だ。赤羽にて消える際にその家族の特性を捉えることができました。泣き叫ぶ子を意味にも介さず親は沈黙を貫いていました。対称的特性には少々考えさせられました。