日記

古いヒューマンにもわかってくる事は沢山あるとしていらっしゃる

父兄が何か話しているのですが、これは一体何を話しているのだろうと考えていました。
父兄だけの語学というのもあるのでしょうか。
さっぱりわかりませんが、そういうものもあるのかもしれませんね。
もし自分がおとうさんの素性として、いかなる生き方が正しいだろうかと考えています。
例えば、自然に衰えを受け止め、自然に死を迎えるのが将来にどう考えて、どう影響して現れるのか、こいつばかり位置付けるひとときなんで、ずっと考えていますけれど、その時、こう思うのではないでしょうか。
只、墓場にとっていただけるグッズなんて、何一つないのではと、何も残らないような気がするのです。
だから厄介はせず、将来の心待ちって、賑やかでいて、自然体に亡くなる事項なのではないかという事もあるのですよ。
昔は直る事もなかったうつ病だって、今は良い薬は出ているけど、古い人様にはそれが思い付かのですね。
そんなように、古い人様であっても、段々恩恵サービスを充てとしていると、分かると思うのです。