日記

橋の防御員君の後日談。大変よね

プロテクト員くんの後日談ですが、今日は工事がなく、ただプロテクト員くんは、ここを工事やるよと、それだけのためにおるみたいでした。
大変よな、プロテクト員くんと思いながら通っているのですが、帰りに、プロテクト員くんが余りにも余暇だったらしく、橋の下を「うわー高い」と見ていたら、一々やかましく言う親分船長がうるさく言っていました。
プロテクト員の中年、戻ったのですが、相変わらず、あの労働は本当に相性だ。
実際、大難が起きたら、プロテクト員くんの所為にされてしまうので、最低でも声かけはしなくてはならないのですが、通行人がそんなに大難を起こすかといえば、ナチュラル自分から逃げますし、本当にプロテクト員くん、あちらは暇なのだと思います。
とにかく厳しい土建屋くんもいませんし、まあ意思を楽にしてやっていればいいと思っていましたが、船長も、道端に座りながら、注意していらっしゃるという事で、意思が楽な労働でありながら、くたびれるものでもあるよなとしていた進行でした。