日記

バナナはやはりすごいですね。そうはなめところないです

何だかバナナが食べたくなってきました。
この前、お父さんが買ってきたお母さん用のバナナを勝手に取って、食べたのですが、それでもバナナってフルーツの中で、結構なお味なのですよ。
なんせ、干支は申ですからね。仲はないですか。
サルはバナナが好きなのでしょうか。理由は不明ではありますけれど、何でもバナナって受けると思いますよ。
甘さ食べやすさ、ヤツを選ばない味など、やっぱり何でもバナナです。
パプワニューギニアに行ったら、バナナなんて星の数ほどあるのかもしれませんし、ハワイにいって、ココナッツと共にバナナなど、やっぱりバナナってなめられないフルーツです。
小さかった頃は、採り入れる代物もなかったので、とにかくミカンでした。
じいさんが、野良業務という、つまり世帯菜園でとれたミカンをうちに送ってくれたという伝言で食べていましたが、これは単に買ったものを送っただけですなのだと
改めてエラーに気付いたのを覚えています。懐かしい物覚えになっています。