日記

そういえば登記症補助士ですが、

そういえば、察知症サポート士こういう権は、権商法の可能性が高いのだそうです。
というのも、察知症の専門的な叡知を得るのなら、厚生士(呼称忘れ)なんでしたkっけ、そっちの方が良いようです。
なので、26お天道様はいいやと思いました。
知的障がいコンサルタントヘルパーは取っておこうとしています。
この辺の叡知について、察知症サポート士は、それなりに叡知としては役立つものですが、フェア、ウェブページによると、仕事に役だつものではないという事で、この程度の叡知なら、マガジンで見たり、介護職員初任者講話で満載だという件らしいです。
更に、思い出しましたが、介護厚生士で、充分叡知としては役に立つそうで、それなら本当に取り除けるけど、ガイド自体は、それ程悪いものではなかったので、一応読んでおこうと思いました。
いわゆる士商法に、二たびほど引っかかりましたね。
ちゃんとした近辺で、権を取ったほうが得策だと、自分もフェア思ったタイプでした。
心残りと思った次第です。